中小企業こそTikTokを活用すべき!おすすめ外注先など徹底解説!

TikTokは、中小企業が新たな市場を開拓し、ブランド認知度を高めるために効果的なツールです。動画を主軸としたTikTokは、ユーザーとの直接的なコミュニケーションやエンゲージメントの強化に優れており、特に若年層にリーチすることが可能です。

本記事では、TikTokを活用して成功を収めた中小企業の事例を紹介し、TikTokを用いることで、どのようなメリットが中小企業にあるのかを解説していきます。また、自社での運用が難しい場合の外注先選びのポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\特典:TikTokで集客や採用に繋げるための戦略をご提案/

目次

中小企業がTikTokを活用する3つのメリット

今やTikTokは単なるエンターテイメントプラットフォームにとどまらず、ビジネスの世界での重要なマーケティングツールへと進化しています。

特に中小企業にとって、大手企業に比べてリソースが限られている中で、大きなビジネスチャンスを生み出す可能性を秘めています。

TikTokには、ビジネスの視点から見た際の著しいメリットがあり、これらを理解し適切に活用することで、中小企業は大手企業に引けを取らないマーケティング戦略を展開できるのです。

ここでは、中小企業がTikTokを活用することによる3つの主要なメリットに焦点を当てていきます。

企業の認知拡大・集客に繋がるから

TikTokは全世界で広く利用されているSNSであり、特に若年層を中心にそのユーザー層は拡大を続けています。TikTokは、企業が自社のブランドや商品を動画という形で発信することにより、短時間で大量の人々にリーチすることが可能です。魅力的な動画コンテンツを作成しTikTokに投稿することで、狙ったターゲット層に効果的にアプローチでき、結果として認知度の向上や集客に繋がるのです。

例えば、カフェやレストランのような事業では、店内の雰囲気や料理のビジュアルを生かした動画を投稿することで、見る人に実際にその場所を訪れたいと思わせるような体験を提供できます。また、企業の社風や社員の雰囲気を伝えることで、採用活動にも積極的に利用することができる点も魅力的です。

このように、TikTokを適切に活用することで、中小企業は自社の魅力を効率的かつ効果的にアピールし、新たな顧客層の獲得に繋げることが可能となります。

費用を抑えて始められるから

TikTokは、アプリのダウンロードや基本的な使用が無料であるため、中小企業にとっては低コストでマーケティング活動を始めることができます。動画の撮影や編集には多少の時間と労力が必要ですが、高価な機材や専門的なスキルを必要とせず、手軽に始められる点が大きなメリットです。

  • SEO:20万円~40万円
  • 広告運用:5万円~広告費20%

ただし、TikTokを効果的に利用するためには、ただ単に動画を投稿するだけでは不十分です。ターゲットとなるユーザーに適したコンテンツの企画や、効果的なハッシュタグの使用、定期的な投稿など、一定の戦略を立てて運用することが重要です。

フォロワーが少なくてもバズる可能性がある

TikTokの最大の特徴の一つは、フォロワー数に依存しないコンテンツの拡散力です。他のSNSプラットフォームと異なり、TikTokではフォロワー数が少ないアカウントでも、質の高い魅力的なコンテンツであれば広く拡散される可能性があります。

大手企業に比べフォロワー数で不利な立場にある中小企業でも、クリエイティブなアイデアと効果的なコンテンツを通じて、多くのユーザーにリーチし、自社の存在を知ってもらうことができます。

TikTokはフォロワーが少なくてもバズる可能性がある理由

  • アルゴリズムの特性
    • TikTokのアルゴリズムは、関連性やエンゲージメント(いいねやコメント、再生時間など)が高ければ、多くのユーザーの「For You Page」に表示させる。
  • コンテンツの質
    • 高品質なコンテンツは、フォロワーの数に関係なく広く共有され、バズる可能性が高まるから
  • トレンドとハッシュタグ
    • TikTok上で発生するトレンドに乗り、関連するハッシュタグを使用することで、そのハッシュタグに興味を持つ多くのユーザーに届く可能性があるから。

中小企業がTikTokを始めるまでの流れ

STEP
TikTokアプリのインストール

TikTokアプリをスマートフォンにインストールしましょう。iOSバージョンはApple Storeから、AndroidバージョンはGoogle Playからダウンロードできます。アプリのインストールは非常に簡単で、数分で完了します。

STEP
TikTokアプリを開き、アカウントを登録

アプリのインストールが完了したら、TikTokアプリを開きます。アカウントの登録には、既存のSNSアカウント、メールアドレス、または電話番号が使用できます。登録に必要な情報を入力し、認証を行うことで、アカウントの設定が完了します。

STEP
プロフィールの設定

自社の雰囲気や特徴を反映したプロフィールを作成し、TikTokマーケティングをおこなう準備を整えましょう。

中小企業がTikTokを活用する上での3つの注意点

TikTokはマーケティングにおいて非常に有力なツールですが、中小企業がこれを利用する際には、いくつかの注意点を理解しておく必要があります。

TikTokの特性を最大限に活かすためには、プラットフォームの規約、さらにはビジネスの他部門への影響を十分に考慮することが不可欠です。

ノウハウがないため結果が出ないケースもある

中小企業がTikTokを始める際、しばしば直面するのが「ノウハウの不足」です。TikTokの特性を理解し、適切に活用するためには専門的な知識が必要になります。

ノウハウが不足している状況でTikTokを開始すると、効率的にフォロワーを増やすことが難しく、結果的にブランド認知の拡大に時間がかかることがあります。

効果的かつスピーディに認知拡大・集客をおこないたいのであれば、TikTok運用代行会社に依頼することも視野に入れながら運用をおこないましょう。

\特典:TikTokで集客や採用に繋げるための戦略をご提案/

知らず知らずのうちに規約違反になってしまう場合がある

TikTokを活用する際には、プラットフォームの規約に十分注意を払う必要があります。

フォロワー数を増やすための施策が、知らず知らずのうちに規約違反になってしまうことがあり、例えば、過度なプロモーションや不適切なコンテンツは、シャドウバン(アカウントの機能制限)の原因となり得ます。

TikTokのシャドウバンについてより詳しく知りたい方は、TikTokのシャドウバンとは?原因や治す方法、見分け方などを徹底解説の記事も参考にしてみてください。

他業務へ支障が出る恐れがある

TikTokの運用は多くの時間と労力が必要です。中小企業では、TikTok運用に多くのリソースを割くことで、他の業務に支障が出る可能性があります。

これを避けるためには、TikTokの運用を運用代行会社に外注する、または特定の従業員を専任として指名することが効果的です。

TikTok運用の外注先

TikTokの運用を外部に委託することは、特に中小企業にとって多くのメリットがあります。適切な外注先を選ぶことで、リソースの効率的な活用と、高品質なコンテンツの制作が可能になります。

ここでは、「フリーランス」と「TikTok運用代行会社」に焦点を当て、それぞれの選択肢について詳しく解説していきます。

フリーランス

低価格で非常に高い効果を出すフリーランスもいるが、数が多く、しっかりとスキルを持っているフリーランスかどうか見極めるのは難しいです。外注を検討する際には、そのフリーランスの過去の実績や作成したコンテンツの品質を詳細にチェックするようにしましょう。

またそのフリーランスが高い技術力を有していたとしても、一人でこなせるタスクには限界があるため、コンサル業務のみに留まる場合があります。制作から編集まで外注したい場合には、以下のTikTok運用代行会社がおすすめです。

  • しっかりとスキルを持っているフリーランスであれば、費用対効果が高い
  • 過去の実績や作成したコンテンツの品質をチェックする必要がある
  • コンサルティング業務のみの場合が多い

TikTok運用代行会社

一方、TikTok運用代行会社を選ぶことは、投稿制作から分析までの一連のプロセスを一気通貫で行ってもらえるため、中小企業がTikTok運用に割くリソースを大幅に削減できます。

運用代行会社は、TikTokの専門知識と豊富な経験を持ち、確実かつ効率的なマーケティング戦略をおこなうことができるうえに、データドリブンなアプローチにより、具体的な成果とROIの向上に貢献してくれます。

運用代行会社は、企業のブランドイメージやターゲットに合わせたコンテンツを提供し、TikTok上での効果的なプレゼンスを構築するサポートをするうえでは最適な選択肢と言えるでしょう。

TikTok運用代行会社に依頼するのがおすすめ!

中小企業にとってTikTokは強力なマーケティングツールですが、その活用は専門的な知識と経験を要します。そこで最適な選択肢は、TikTok運用代行会社に依頼することです。

運用代行会社に依頼するメリットは多岐にわたり、投稿制作から分析、戦略の策定までを一気通貫で行ってもらえるため、企業は自社リソースを他の重要な業務に集中させることが可能になります。

\特典:TikTokで集客や採用に繋げるための戦略をご提案/

投稿制作から分析まで一気通貫で制作してもらえる

TikTok運用代行会社の利用により、投稿の制作から分析までのプロセスをスムーズに行うことができます。

運用代行会社は、動画の企画、撮影、編集、そしてTikTokにおける効果的な配信戦略まで、すべてを一貫して管理してくれます。これにより、中小企業はTikTok運用に関する専門的な知識や技術を社内で持つ必要がなく、また、運用にかかる時間やコストの削減が可能になります。

TikTok運用代行会社に頼むと以下を全ておこなってくれる!

  • 自社に合ったターゲットの選定
  • 競合・トレンド分析
  • コンテンツ作成
  • レポーティング業務

成果の出るノウハウで運用可能

TikTok運用代行会社は、多くの実績とノウハウを有しています。これにより、中小企業は確実かつスピーディにTikTokを活用したマーケティングを展開することができます。

運用代行会社は、既存の成功事例に基づいて、企業の目的やターゲットに合わせた戦略を策定し、効果的なコンテンツの制作と運用を行います。これにより、TikTok上でのブランド認知度の向上や、ユーザーとの関係構築をスムーズに進めることができます。

売上に繋がる運用ができる

TikTok運用代行会社は、ただフォロワーや「いいね」の数を増やすだけではなく、売上に直結する戦略を実行することができます。

運用代行会社は、ユーザーの行動履歴やTikTokのレコメンド機能を分析し、そのデータを基に自社サービスの集客に繋がるコンテンツを制作します。

これにより、中小企業はTikTokを通じて実際の売上増加に繋げることが可能になり、マーケティング投資のROI(投資対効果)を最大化できます。

中小企業のTikTok活用事例3選

中小企業がTikTokを活用することは、新しい顧客層へのリーチ拡大、ブランド認知度の向上、そして売上増加に直接繋がります。ここでは、TikTokを効果的に活用して成功を収めた中小企業の事例を3つ紹介します。

製造業での活用事例 | 問い合わせが1.3倍に!

三陽工業は、TikTokを採用戦略の強化として効果的に活用しています。「おじさんTikTok」と題し、4人の中高年社員がTikTokらしい挑戦的なチャレンジを行っています。このユニークなアプローチはシュールながらも親しみやすく、多くの若いユーザーからの注目を集めています。

公式リリースによると、三陽工業はものづくりの技能承継を目指し、若い人材の確保に力を入れています。その一環として、デジタルネイティブの採用戦略にTikTokを導入し、その狙いは的中しました。内定者8人中3人、つまり37.5%がTikTokを通じて応募。これは、中高年社員の動画投稿が新しい世代の注目を引き、新入社員の獲得に大きく貢献したことを示しています。

中小企業がTikTokを採用し、特に若い層へのアプローチに成功するためには、従来の枠にとらわれないクリエイティブな発想と、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツ制作が重要です。三陽工業のように、企業文化や特色を活かしたTikTokコンテンツは、新しい世代の関心を引き、ビジネスの成長に貢献する可能性を秘めています。

引用:【PR TIMES】フォロワー4万人突破「おじさんTikTok」がZ世代採用の切り札に

食品スーパーでの活用事例 | 日本一面白いスーパー!?

ファインズたけだは、佐賀県伊万里市にある地域密着型のスーパーで、そのユニークなTikTok戦略が注目を集めています。同店は「日本一面白いスーパー」というキャッチコピーのもと、方言や替え歌を駆使した店内放送や、勝ったら半額、負けても3割引のじゃんけん大会など、コミカルな動画をSNSに投稿しています。これらの動画は、再生回数250万回を記録するなど、大きな人気を博しています。

動画配信の始まりは、ネット対応の遅れを指摘されたことから、正しい情報発信の必要性を感じたことだそうです。当初は地元ケーブルテレビの「お買い得情報コーナー」に出演していた経験を生かし、テレビモニターとハンディーカメラを使い、店の魅力を発信し始めたことがきっかけです。特にブレイクダンスを披露する動画や、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターに扮した動画は、インターネット上で大きな話題となりました。

引用:【日経クロストレンド】佐賀の“日本一面白いスーパー”がTikTokでファン獲得 250万回再生も

タクシー会社での活用事例 | フォロワー数17万人!

三和タクシーは、TikTokを使って一風変わった企業イメージを構築し、採用活動にも大きな効果をもたらしています。元々ニコニコ動画やYouTubeでのコンテンツ発信を行っていた三和タクシーですが、より若い世代にリーチするためにTikTokを採用しました。当初は趣味として個人用アカウントで始めたものの、オフィスでのダンス動画がバズると、会社アカウントの設立が提案され、2019年2月から本格的に運用が開始されました。

三和タクシーのTikTokアカウントでは、溝口さんという取締役部長と主任係長が中心となり、仕事の休憩時間や仕事終わりに撮影されたダンス動画が投稿されています。これらの動画は、再生数が300万を超えるほどの人気を博し、若い世代からの「短いネクタイとぽっこりお腹」や「おじさんかわいい」といったポジティブな反応を得ています。

引用:【ORICON NEWS】踊るタクシーおじさんに360万再生、若者に託さず取締役自らTikTok楽しむ姿に反響「めっちゃ和む」

まとめ

TikTokの活用は、単に動画を配信するだけではなく、企業の魅力を独自の方法で発信し、フォロワーとのエンゲージメントを深めることにあります。例えば、スーパーマーケット「ファインズたけだ」やタクシー会社「三和タクシー」のように、ユニークなコンテンツ制作と積極的なSNS運用で、多くのファンを獲得し、実際のビジネス成果につなげています。

また、より効果的に認知拡大・集客につなげるためには、TikTok運用代行会社に運用を依頼することで、より専門的なアプローチを取り入れることができます。

TikTokマーケティングのお問い合わせはBrandingCreationまで

・社内のリソースや編集ノウハウがなく、TikTok運用に挑戦できない

・低コストで運用代行者に依頼をしたが、何も成果が出なかった

・日々変わる最新のトレンドを追うことができない

社内でTikTokを活用したマーケティング施策を検討される担当者の中には、上記のようなお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。BrandingCreationでは、動画コンテンツの企画から制作、KPI設計や動画分析までを一貫してサポートいたします。

TikTok運用では、TikTok運用に関する知識だけではなく、編集技術や台本制作など技術的な面のリソース確保が必要です。弊社では、実績のあるTikTokerが戦略・設計を行い、編集・台本制作などワンストップでお任せいただけます。

この記事を書いた人

目次