TikTokで飲食店をバズらせることはできる?集客方法や注意点について徹底解説!

TikTokは、短時間で見やすいショート動画と広範囲なリーチにより、飲食業界におけるマーケティングとして多く活用されています。

短編動画プラットフォームを利用することで、飲食店は独自のブランドイメージを構築し、新しい顧客層を獲得することが可能になります。しかし、成功を収めるためには、集客の導線整備、コンテンツの魅力的な伝達、低コスト運用の技術、そして潜在的なリスクの回避が重要となります。

そこで、本記事では、TikTokを飲食店マーケティングに活用するメリット、注意点、および成功事例を紹介します。

\特典:TikTokで飲食店集客に繋げるための戦略をご提案/

目次

飲食店とTikTok運用の相性が良い3つの理由

TikTokを活用することで、飲食店は集客をおこなうことができます。ここでは、なぜ飲食店とTikTokの相性が良いのか、について解説していきます。

①集客までの導線整備ができるから

TikTokはただのエンターテイメントツールではなく、飲食店にとって集客の新たな可能性を秘めたツールです。特に、店舗の位置情報を活用し、食べログとの連携ができる点が、その大きな魅力です。これにより、ユーザーが動画を通じて店舗の雰囲気や料理を見て、直接訪問や予約につながる導線を作ることが可能になります。

お店の位置情報を付けることができる

TikTokでの集客効果を最大化するためには、動画にお店の位置情報を付けることが重要です。位置情報の追加は、投稿画面から「位置情報を追加」を選択し、お店の住所を検索するだけで簡単に行えます。正しい位置情報が入力されることで、ユーザーは動画を見た後にGoogleマップでお店を簡単に見つけることができ、後で訪れやすくなります。

食べログとの連携ができる

TikTokは、2021年4月から食べログとのリンク設定を可能にしました。これにより、飲食店はTikTokの動画を通じて自店の特長を紹介し、視聴者を食べログのページへと誘導することができます。食べログへのリンクを設置することで、視聴者は動画から直接予約ページへアクセスし、実際の予約へとスムーズに移行することが可能になります。

食べログとの連携は、視聴者が飲食店の評価や口コミをチェックできるため、信頼性のある情報提供が可能です。また、飲食店の場合、特にグルメなユーザーは食べログの評価を重視する傾向があるため、この連携は特に効果的です。食べログの詳細な情報とTikTokでの視覚的な魅力を組み合わせることで、飲食店は新しい顧客層を獲得し、既存の顧客のリピート率を高めることができます。

②料理やお店の雰囲気を伝えることができるから

TikTokを活用することで、ショート動画を通じて飲食店の料理や雰囲気を短く、分かりやすく伝えることができます。例えば、調理過程の映像や料理の最終的な盛り付け、店内の活気ある様子などを短時間で伝えることができます。これにより、ユーザーに対して、店内にいるかのような体験を提供することが可能です。

動画の中で料理の特徴や店の独自性を前面に出すことで、視聴者はそのお店ならではの体験を期待するようになります。

③費用を抑えて始めることができる

TikTokのもう一つの大きなメリットは、低コストでの運用開始が可能であることです。特に予算が限られている小規模な飲食店や新規の店舗にとって、この点は非常に魅力的です。TikTokのアカウント作成や動画の投稿は無料で行えるため、高額な広告費用をかけずに自店のプロモーションを開始することができます。

動画の撮影にはスマートフォンがあれば十分であり、特別な機材や専門的な技術は必要ありません。編集機能やフィルターなど、TikTokアプリ内で提供されるツールを活用することで、コンテンツを作成することができます。

飲食店のTikTok運用をおこなうまでの流れ

飲食店がTikTokを活用し、効果的な集客を目指すには、まず基本的な運用の流れを理解することが重要です。ここでは、アカウント開設からビジネスアカウントへの切り替え、さらにビジネスアカウントと通常アカウントの違いについて詳しく説明します。

まず、TikTokアカウントの開設は、アプリのダウンロード後、簡単な情報入力で行えます。アカウントが作成されたら、次のステップはビジネスアカウントへの切り替えです。これはアカウント設定内で行うことができ、企業や店舗としての情報をより詳細に設定することが可能になります。

ビジネスアカウントへの切り替えをおこなうことで、統計データや分析ツールを利用でき、投稿のパフォーマンスをより詳細に把握することができます。これにより、どのような動画が人気を集めやすいか、またどの時間帯に投稿すると視聴率が高まるかなど、効果的な運用戦略を立てることができます。

また、ビジネスアカウントでは、公式アカウントとしての信頼性を高めることができます。店舗情報や連絡先を明確に示すことで、ユーザーに安心感を与え、来店につながりやすくなります。さらに、ビジネスアカウントにはプロモーション機能が含まれており、有料広告を活用してより広範なユーザーにリーチすることも可能です。

飲食店がTikTok運用をおこなう際4つの注意点

TikTokを活用することは、飲食店にとって強力な集客ツールとなり得ますが、運用時にはいくつかの注意点が存在します。こでは、特に重要な4つの注意点を解説します。

過度な広告により法律違反になってしまう場合がある

飲食店がTikTokでプロモーションを行う際、法律違反に注意する必要があります。特に景品表示法は重要で、不当表示として「優良誤認」と「有利誤認」は法律で禁止されています。

優良誤認は、自店の商品やサービスを他店よりも著しく優良であるかのように誤解を招く表示を指します。

有利誤認は価格や取引条件に関する誤解を招く表示を指します。

これらを避けるためには、宣伝内容が実際のサービスや価格と一致するように心がけることが重要です。

景品表示法は、商品やサービスが他の事業者よりも著しく優れていると誤解させるような表示を禁じています。例えば、実際の品質や価格よりも誇大な広告を行うことは、消費者を誤解させる可能性があるため、法律違反となる可能性があります。そのため、広告内容は現実に即して、誤解を招かないよう慎重に行う必要があります。

引用:不当景品類及び不当表示防止法

TikTokの規約に知らず知らずのうちに触れてしまう場合がある

TikTokには、TikTok固有の規約が存在します。フォロワーを増やすためにおこなったことが、規約に触れてしまい、最悪の場合、シャドウバンの対象となる可能性があります。

TikTokの規約に触れる可能性のある行為
  • 過度な自動化ツールの使用
  • フォロワーを購入する
  • スパム行為

そのようなシャドウバンについてもっと詳しく知りたい方は、「TikTokのシャドウバンとは?原因や治す方法、見分け方などを徹底解説」も参考にしてみてください。

一定の炎上リスクがある

TikTokを使用する際、炎上リスクの管理も重要です。商品をふざけて使用したり、不適切な働き方を見せびらかすような、非倫理的な動画は、炎上を招くことがあります。

特に従業員やアルバイトが運用を担当する場合は、明確なガイドラインやマニュアルを用意し、企業のイメージを損なうような投稿を避けることが大切です。

また、炎上した際に不適切な行動をとってしまうと、さらに炎上が広がってしまう可能性があります。万が一のことを考え、炎上した際の対処法についてもあらかじめ考えておくようにしましょう。

集客につなげるまでの費用対効果が合わない場合がある

TikTok運用の費用対効果を考慮することも重要です。他業務のリソースを割いたとしても、集客に繋がるとは限らず、費用対効果が合わない場合があります。

そのような場合は外注を検討することも1つの手です。外注をおこなうことで、他業務にリソースを割きながら、TikTok運用をおこなうことができるため、効果的に集客まで繋げることができます。

TikTok運用代行会社へ外注がおすすめ!

自社での運用に不安がある場合、専門の知識と経験を持つ運用代行会社への外注がおすすめです。これにより、炎上や規約違反のリスクを最小限に抑えつつ、費用対効果の高い集客戦略を実現できます。また、多くの運用代行会社では無料相談を提供しており、飲食店の具体的な課題に合わせた運用計画を立てることが可能です。

以下でそれらについて詳しく解説していきます。

\特典:TikTokで飲食店集客に繋げるための戦略をご提案/

炎上や規約違反のリスクを最小限に抑えられる

TikTok運用代行会社の利用は、飲食店が自身でTikTokの運用を行う際に潜むリスクを効果的に軽減します。これらの運用代行会社は、TikTokの規約に深い知見を持ち、最新のガイドラインに基づいたコンテンツ制作を行います。

これにより、規約違反によるアカウントのペナルティや制限、いわゆる「シャドウバン」のリスクを軽減します。

加えて、炎上リスクの管理にも強みを持っています。運用代行会社は、過去の炎上事例から学び、問題を引き起こす可能性のあるコンテンツの特徴を把握しており、その投稿がユーザーにとって適切か不適切かをしっかりと判断することができます。

費用対効果高く売上に繋げることができる

運用代行会社は、ターゲット選定からコンテンツ企画、投稿計画まで、一貫したサービスを提供することができるため、社内でTikTok運用にリソースを割く必要がなくなります。

また、運用代行会社は、顧客層の嗜好や行動パターンを分析し、それに適した動画スタイルや投稿タイミングを見極めることができます。例えば、若年層に人気のあるトレンドを取り入れた動画や、特定の時間帯にアクティブなユーザー層に向けたタイムリーな投稿などが可能です。

さらに、運用代行会社は、投稿の効果測定と分析を行い、常に最適な戦略を策定することが可能です。これにより、集客効果を最大化し、広告予算の有効活用を図ることができます。

個人で運用をおこなうと、多くの時間がTikTok運用に割かれるものの、それに見合った集客効果が得られるとは限りません。TikTok運用に関して豊富なノウハウを持つ運用代行会社に外注することで、投資した金額やリソースに見合った集客効果を得られることができます。

無料相談で話を聞くことができる

多くの運用代行会社は、無料の相談サービスを実施しています。これにより、飲食店は自社のニーズや課題を専門家に相談し、適切な戦略を立てることができます。

最初の相談では、現在のSNSの状況や目標、潜在的な課題点などを詳細にヒアリングし、それに基づいた具体的な運用計画を提案することができます。

無料相談は、特にTikTok運用に不慣れな飲食店にとって、有益な機会です。専門家の助言を受けることで、自社に最適なSNSマーケティング戦略を見つけ出し、効率的な運用開始へと繋げることができます。

\特典:TikTokで飲食店集客に繋げるための戦略をご提案/

TikTokを使った飲食店の成功事例3選

ここでは、TikTokを活用して成功を収めた飲食店の事例を3つ紹介します。これらの事例からは、ユニークなコンテンツの作成、ユーザーとのコミュニケーション、そしてブランドイメージの確立など、TikTokで成功するための重要なポイントが見て取れます。

焼鳥どん日垣兄弟 | 飲食店あるある!

焼鳥どん日垣兄弟は、その独特のコンテンツで注目を集めました。特に「飲食店あるある」シリーズは、店長のキャラクターを前面に出したコミカルで親しみやすい雰囲気が共感を呼び、大きな反響を生み出しています。

さらに、野球選手ダルビッシュ有投手が「焼き鳥屋なら焼鳥どんに行きたい」と投稿するなど、インフルエンサーによる言及も注目を集める要因となりました。このように、楽しいコンテンツと著名人の言及が相まって、店舗の知名度は飛躍的に高まりました。

引用:焼鳥どん日垣兄弟 (@higakiyakitori)

金沢フルーツ大福凛々堂 | フォロワー12万人超!

金沢フルーツ大福凛々堂のTikTok運用は、ユーザーエンゲージメントを高めることに成功しました。この店舗は、ハッシュタグやトレンド音源の活用により、幅広い視聴者層にリーチしました。

特に、視聴者に問いかける形式の投稿は大きな反響を呼び、視聴者からの積極的なコメントやシェアを促しました。この戦略により、フォロワー数は12万人を超えるなど、TikTokにおけるブランドの地位を確立しました。

引用:金沢フルーツ大福 凛々堂 (@rinrindou_fruit1)

焼肉の和民 | 食べ方紹介!

焼肉の和民は、自社の商品をオリジナルアレンジした食べ方を発信し、大きな話題を呼びました。

焼肉の和民の投稿は、通常メニューの組み合わせ方を紹介することで、新たな食べ方を提案しました。これにより、「そんな組み合わせがあったのか」「次はその食べ方を試してみたい」といった多くのコメントが寄せられました。

自社商品の新しい魅力を発掘し、それを発信することで、ユーザーに新たな価値を提供することでき、来店やリピートの契機を生み出すことができます。

引用:【公式】焼肉の和民 (@29nowatami)

まとめ

飲食店集客をおこなううえで、集客までの導線を整え、費用をおさえてはじめられるなど、TikTokの活用は様々なメリットがあります。

その一方で、規約や法律、炎上リスクに気をつけなければいけないことや、費用対効果が合わない場合があることなど、注意すべき点もあります。

費用対効果高くTikTokで集客をおこなうためには、法的な側面やリソース配分の観点からも、運用代行会社の利用がリスクを低減し、集客効果を最大化する手段として最適です。

TikTokマーケティングのお問い合わせはBrandingCreationまで

・社内のリソースや編集ノウハウがなく、TikTok運用に挑戦できない

・低コストで運用代行者に依頼をしたが、何も成果が出なかった

・日々変わる最新のトレンドを追うことができない

社内でTikTokを活用したマーケティング施策を検討される担当者の中には、上記のようなお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。BrandingCreationでは、動画コンテンツの企画から制作、KPI設計や動画分析までを一貫してサポートいたします。

TikTok運用では、TikTok運用に関する知識だけではなく、編集技術や台本制作など技術的な面のリソース確保が必要です。弊社では、実績のあるTikTokerが戦略・設計を行い、編集・台本制作などワンストップでお任せいただけます。

この記事を書いた人

目次